ホームジムは、自宅でのトレーニング効率の最高峰です。特に、ラットプルダウン、ベンチプレス、ケーブルマシン、その他の一般的な(大きな)ジム機器が好きな場合はよりそう思う方も少なくないでしょう。

「ダンベルやケトルベルのセットは自宅で運動するのに最適なスタートですが、実際のホームジムでは、ジムにいるときと同じ動きをすることができます」。

多くのホームユニットでは、ケーブル列、ペックフライ、着席レッグエクステンションなどの定番のジムエクササイズを実行できます。また、テクノロジーを統合しているため、自宅でパーソナルトレーナーやグループフィットネスクラスと仮想的にワークアウトできるものもあります。

それでも、市場にはたくさんのユニットがあり、その多くは高額な値札が付いています。適切な投資を行っていることをどのように確認できますか?

2022年の最高のホームジムの便利なリストから始めましょう。

 

1.ベストバリュー:ボディ-ソリッドストレングステックEXM2500S

このホームジムはあなたのお金のためにたくさんの価値を提供します、それはまさにそれがクリティカルボディの認定パーソナルトレーナーであるジェームズジャクソン、CPTが彼らの自宅のトレーニングスペースを整えたいと思っているクライアントにそれを頻繁に勧める理由です。

2つのステーションがあり、どちらもジムグレードのエクササイズをたくさん実行できます。

一方にはチェストプレスがあり、もう一方にはリアデルトトレーナーを兼ねるペックフライがあります。このマシンには、ラットプルダウンバー(下半身を固定するためのパッド付きレッグホルダー付き)、3つのケーブルプーリー位置(低、中、高)、およびレッグエクステンション/カールセットアップも含まれています。

 

2.最高のスマートジム:Tempo Studio Pro

 

特長: HDタッチスクリーン、Bluetooth対応ステレオスピーカー、エクササイズマット、ダンベル、ベンチ、スクワットラック、25ポンドのバーベル、心拍数モニター、ローラー、重量プレート、カラーとケトルベルシステム
あなたがハイテクファンなら、人工知能(AI)テクノロジーを搭載したホームジムを選びましょう。

Tempo Studio Proは、洗練された42インチのタッチスクリーンディスプレイ、ステレオスピーカー、さまざまな在宅トレーニング機器を備えています。折りたたみ式ベンチとスクワットラック、25ポンドのバーベル、心拍数モニター、リカバリーローラー、ウェイトプレートとカラーが増えています。 、ケトルベルシステム(ウェイトプレートをケトルベルに変換する)および追加のウェイトプレートストレージ。

さらに、ライブまたはオンデマンドで実行できるトレーニングプログラムが含まれています。さらに優れているのは、3Dセンサーがワークアウト中の動きをキャプチャし、AI技術がフォームの間違いをリアルタイムで修正して、怪我を防ぎ、ワークアウトをより効果的にすることです。

「トレーナーとして、私は通常、家庭用フィットネスのためにそこにあるものに目を向けていますが、[しかし]テンポはそれを正しく行います」

この洗練されたミニマリストのスマートジムは、コンパクトなスペースセーバーでもあります/ワークアウト中は6’x 10 ‘のスペースに収まるように拡張し、使用しないときは4’ 2 “x 1’4″しか使用しません。自立型のデザインは、使用していないときにすべての機器を保管できるスペースを備えています。「私は自分のテンポをリビングルームに置いていますが、少なくともかさばったり見苦しいことはありません」とスミス氏は言います。

 

3.ベストコンパクト:BowflexXceedホームジム

特長:ケーブルプーリー、調節可能な座席、スクワットバー、緯度バー、垂直ベンチプレス、レッグエクステンションとカール
1,000ドル未満のこのコンパクトなホームジムは、私たちのリストの中で最も安いですが、機能を損なうことはありません。「Bowflexを使用すると、かさばるウェイトプレートを必要とせずに、ラットプルダウン、レッグエクステンション、プルアップ、チェストフライ、上腕二頭筋カールを実行できます」

ただし、数百ポンドを投げるのに慣れている場合は、マシンを再構成する必要があるかもしれません。標準構成では210ポンドの抵抗しか許容されませんが、最大410ポンドを処理できるように再調整することができます。

 

4.最高のケーブルマシン:NordicTrack Fusion CST

 

特長: HDタッチスクリーンタブレット、20の抵抗の設定、6つのケーブルアタッチメント、2つのスクワットプーリー、2アンクルストラップのアクセサリー、調整可能なタブレットとスマートフォンスタンド
「オールインワンのホームジム用のケーブルユニットは、今日の市場で最高のユニットの一部です」と、Freedom FitnessEquipmentの所有者であるAshtonFerrazzo氏は述べてい ます。そして、このジムも例外ではありません。

かさばるウェイトプレートやダンベルの代わりに、このマシンはフライホイールに取り付けられた一連のケーブルを使用して、さまざまなレベルの静かでシームレスな抵抗を提供します。

「フライホイールは次世代の筋力トレーニングです」と彼は言います。フライホイールデバイスは、重力に逆らってウェイトを持ち上げる代わりに、慣性を利用します。引っ張る力が強いほど、抵抗が大きくなります。抵抗が大きければ大きいほど、担当者のすべての段階で抵抗を制御するために作業する必要があります。

しかし、このマシンの本当のスターは、統合されたHDタッチスクリーンタブレットである可能性があります。これにより、オンラインフィットネスプラットフォームiFitを介してパーソナルトレーナーとのライブのインタラクティブセッションをストリーミングできます。(購入には1年間のメンバーシップが含まれます。)

また、進捗状況を追跡し、目標を設定し、運動、栄養、睡眠に関するアドバイスを獲得することもできます。ジムに付属のBluetoothチェストストラップを使用して、ワークアウトごとに心拍数を追跡します。

 

5.最高の贅沢:Force USAG12オールインワントレーナー

特長:電源、ラック、ケーブルプーリー、スミスマシン、マルチグリップあごアップ駅、ディップ駅、レッグプレス、緯度プルダウン、地雷ステーションと重量のスタック
「オールインワンのホームジムユニットのハイエンドでありながら、この作品は、従来のパワーリフターが使用するパワーラックのセットアップを模倣し、スミスマシン(スチールラックに固定されたバーベル)、ケーブルマシン、およびかなりコンパクトなフットプリントでスクワットラックを設置できます」とFerrazzo氏は言います。

また、さまざまなぎざぎざのグリップ位置を備えたチンアップステーションが含まれているため、ワイドグリップ、クローズグリップ、アンダーハンド、オーバーハンドのバリエーションに取り組むことができます。サスペンショントレーナー、オリンピックバーベル、エクササイズベンチなどのアドオンにより、マシンはさらに用途が広がります。

 

オールインワンジムを購入する際に考慮すべき5つの要素

1.ワークアウト設定
定期的にどのような種類のトレーニングを楽しんでいるか、どのようなエクササイズを行うか、または行う予定かを検討してください。

また、ケーブルマシン、バーベル、レッグエクステンション、カールマシンなど、自宅でどのような種類の機器を好み、快適に使用できるかを考えてください。

これらの空白を埋めると、検索を絞り込むのに役立ちます。

2.現在の機器
すでに持っている機器の在庫を取ります。

「たとえば、ダンベルやその他のウェイトをすでに幅広く選択している場合は、ウェイトを含むホームジムを購入したくない場合があります」とSmith氏は言います。

3.予算
あなたの財政を見直して、あなたが在宅ユニットにいくら費やしても構わないと思っているか、そしてあなたがそれに対してどのように支払うことを計画しているかを決定してください。

「ほとんどすべてのホームジムには、資格がある場合に費用を賄うオプションがあることを覚えておいてください」とスミス氏は言います。

ホームフィットネスシーンに慣れていない場合、Ferrazzoは予算または中間層のオプションから始めることをお勧めします。機器を一貫して使用した後は、より高価格のユニットに進んでください。そうしないと、かさばる(そして高価な)コートラックになってしまう可能性があります。

4.サブスクリプションとアドオン
気に入ったユニットを見つけたら、それに関連付けられているサブスクリプションやアドオンを確認します。

たとえば、一部の機器には、オンラインフィットネスプラットフォーム(NordicTrackなど)の月額サブスクリプションが含まれています。

サービスが必要かどうかを検討し、必要がない場合は、料金を支払わないことを選択した場合でもユニットを使用できるかどうかを検討してください、とスミス氏は言います。

5.スペース
「購入する前にホームジムの寸法を確認し、収容できるスペースがあることを確認してください」とスミス氏は言います。これは当たり前のように思えるかもしれませんが、多くの人が自分のスペースを目で見て、それを良いと呼んでいることに驚かれることでしょう。

また、機械を壁に固定する必要がある場合は、使用している壁がその重量を支えるために適切にちりばめられていることを確認してください、とスミス氏は言います。あなたが賃貸人である場合、あなたの家主がインストールに問題がないことを確認してください。

 

ホームジムのデメリット

スペースが必要というのと、購入する価格がそれなりに高額になるという事、あとは、そのスペースへ持ち運ぶ事も大変だったりします。

また、もっとも大きなデメリットは、どうしても自己流になってしまいやすいという事です。

ホームジムは誰からの制限も受けない代わりに、自分が気づいていない間違ったトレーニングについては制限を掛けることが難しいというのがあります。

 

もともとの設計で各部位のトレーニングを行うという事については、とても効果的なのですが、体全体から見た時のバランスや目的というのを目指すためには、ある程度プロのトレーナーの指摘が合ったほうがいいという事もあります。

ある程度現状の体格や求めるシルエットや体型になる目標や設定をしっかり行った上でホームジムでトレーニングを続けていくというのは悪くないと思います。

ただし、1ヶ月に一度、または数ヶ月に一度という感じでの客観的な評価や方向性の再確認というのはやはり合ったほうがいいと言わざるを得ません。

場合によっては、パーソナルジムへ通うという事の方が、メンタルの補正やサポートも含める目標達成しやすいといのはあるかもしれません。

 

トレーニングで続かない要素は、器具の存在というよりは、理想の体型へ目指す意思をどれだけ高く維持しつづけるのか?という事になります。

何度も言いますが、そういう面はホームジムが充実したとしてもクリアすることはできません。

アプリなどで管理できたとしても、ほしい時の、ほしいアドバイスではなかったりという事もあります。

やはりトレーナーとしてのプロの指導やサポートというのはそういった意味でとても重要という事がわかります。

そういった面で考えると、どこのパーソナルトレーニングジムへ通うのがいいのか?

という話にもなってきます。

指導への配慮や、サポート、個人個人へのトレーニングプログラムも含めた包括的なトレーニングを実施してくれる事で知る人ぞ知るパーソナルトレーニングジムが表参道にあります。

芸能人や有名人や高額所得をもつ経営者などが多い地域ですが、その分様々なお店はかなりレベルが高いお店が並ぶ地域です。

もちろん、パーソナルトジムも表参道では多数のジムが並ぶ地域でもあります。

そんな中でも、最近人気が高くなってきているジムがこちらの表参道 パーソナルジムです。

様々な最新機材があるのは当然で、指導に定評のあるトレーニングができるジムと評判です。

気になる方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?